2010年05月24日

井上公明幹事長、民主に憲法審査会始動を要求(産経新聞)

 公明党の井上義久幹事長は18日、国民投票法が同日施行されたにもかかわらず、民主党のサボタージュなどで衆参の憲法審査会が始動していない現状について、「憲法の議論は国の在り方を、どう考えるかという国の根幹にかかわる課題だ。その環境整備もできない民主党に、果たして政権を担える資格があるのか」と述べ、民主党の対応を批判した。

 そのうえで、「民主党が改憲派と護憲派が混在する党内事情や政局を優先し、抵抗し続けたことで、国民投票法の成立から施行までの3年間が空費されてしまった。民主党は速やかに(憲法改正をめぐる)議論に応じるべきだ」と強調した。

 衆参の憲法審査会は、国民投票法制定に伴って平成19年8月に法的には設置された。しかし、民主、共産、社民各党の抵抗で、衆参両院とも1度も開催されていない。

【関連記事】
国民投票法施行 憲法審査会で国を論じよ
江田参院議長「憲法審査会規程制定、早急に検討を」
自民党、18日に憲法改正原案提出へ
国民投票法の施行前に…清新な憲法をテコに保守団結を
【政論】憲政史に泥を塗る国民投票法の「不完全施行」 
中国が優等生路線に?

大学生の基礎学力低下、提携の高校で補習へ(読売新聞)
口蹄疫 3月末の感染を県調査で見逃す(産経新聞)
<B型肝炎訴訟>救済範囲、合意遠く 協議の長期化必至 (毎日新聞)
<口蹄疫>感染した疑いが強い牛と豚 宮城の5農家で確認(毎日新聞)
<首相補佐官>韓国公使発言に勇み足(毎日新聞)
posted by ツルオカ アイコ at 11:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。